発症率が低いがん|早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気
病院

早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気

発症率が低いがん

医者

日本の国民病と言われているがんという病気は、将来的に多くの人が何らかのがんを発症する可能性があると言われるほどがんの発生率は高いと言えます。がんが発生する場所でも極めて稀な場所が人の体にはあります。その発生率は、とても高くて3%と未満だと言われています。胃と腸をつないでいる十二指腸と言われる場所にはがんができにくいと言われています。そのため、十二指腸がんは遺伝的な変化で起きるものではないかと考えられることが多く、基本的には大きな原因は今のところ分かっていないのが現状なのです。非常になりにくいがんの場所であるため、がんであるかの判断は細胞を採取し病理診断による診断が必要だと言われています。また、どこまでがん細胞が広がっているのかを確認するために、CTやMRIなどの画像診断も平行して行なう必要があります。

十二指腸がんは、その発症率の低さから見落としがちながんの1つでもあります。他のがん同様に、初期症状ではほとんど分からないのが十二指腸がんです。しかし、症状が少し進み十二指腸がんが進行がんへと変化した時、腹痛や吐き気といった症状が出てきます。さらに、がんが巨大化して進行をすると胆汁の吐出口を防ぐので皮膚が黄疸の症状をきたします。ここまで来るとがんはかなり進行しているということになります。基本的な、がんの治療というのは手術によってがん細胞とその周りの組織を排除するのが排除するのが鉄則です。十二指腸がんも例に漏れず、内視鏡施術によってがんの切除を行います。また、進行がんに発展していた場合は手術と併用して、化学療法も一緒に行いがん細胞の進行を食い止めるのです。進行がんに発展させないことが、がん完治の道になります。少しでも早い段階で十二指腸がんを見つけることが大切になります。