放射線での治療方法|早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気
病院

早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気

放射線での治療方法

カウンセリング

がん治療の場合は一般的にはがんに侵されてしまった部分を切除してしまうのが一般的な治療方法となっています。しかし、現在では放射線治療なども進歩しているので身体への負担を軽減しながら治療を行なう事が出来るようになっています。身体を傷つけたくない方や外科的手術よりも少ない負担で治療する事が出来るので身体への負担を掛けたくない方も安心して治療を受けられる治療方法です。患者さんへの負担を最小限で抑えられるという事もあり、根本治療だけでなく温存療法などにも幅広く活用されているのが放射線治療です。また、放射線治療の場合は通院しなくても良い場合が高いので無理して生活を変える事もなく過ごす事が出来ます。がん細胞の切除を行なう事が出来ないような場合なども放射線治療が行われる事が多いので幅広い治療を受ける事が出来るようになっています。治療を受ける際の流れとしては診察、がんの場所を正確に特定するためのCT撮影を行なってから放射線を当てる場所を決定して治療を行ないます。放射線を照射する場所が決まったら放射線治療を開始していきます。放射線の治療が有効な場合と効果が殆ど見られない場合などもあるのでしばらくは経過観察を行なって効果があるかどうかを確認していきます。効果がある場合はそのまま完治や温存治療を続行しますが、効果がない場合などは別の方法に切り替えられる場合もあります。優れた放射線治療を受けたい場合は病院選びが非常に重要になってくるので放射線治療に関する設備や治療を行なってくれる医師を調べておく必要があります。