乳がんの特徴|早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気
病院

早期発見の治療で予防しよう|肺がんや糖尿病は危険な病気

乳がんの特徴

看護師

女性特有の乳房に発生するが、乳がんがあります。主に、日本人の40代から50代の女性に発生するのが乳がんだと言われています。乳がんも肺がんについで非常に転移率の高いがんの1つです。そのため、乳がんが見つかったまたは、発生したという時には既にがんが転移している可能性が高いがんの一種だということを覚えておく必要があるでしょう。そのため、乳がんを治療するにも検査するにも最善の注意が必要と言えます。しかし、乳がんは転移しやすい性質を持っていますが、乳がんの特徴として自分でチェックを行うことができる唯一のがんと言ってもいいでしょう。基本的に乳がんができる場所としては、乳管にできる乳管がんだと言われています。乳がんは、非常に進行が遅いがんの1つです。1つのがん細胞が1cmに成長するには15年以上掛かると言われています。そのため、腫瘍を摘出すればほぼ完治できる病気なのです。

乳がんの成長は、時間を掛けてゆっくり成長をするのが特徴です。そのため、外科的治療の手術を行えばほぼ確実に完治するのが乳がんです。しかし、乳がんの特徴である転移のしやすさがクセモノなのです。成長し切る前に、乳がんの悪性腫瘍は乳腺の組織からがん細胞がリンパや血液へと流れ込みやすくそのため、全身へと転移しやすいのです。リンパや血液に流れこむことが多い乳がんは、リンパ節や肺への転移が多いと言われています。このように、早期転移が見られる乳がんでも、基本的には手術による治療を行います。それで、転移が見られるのであればその上場にあわせて適切な治療が行われます。治療を比較的早く行なうためにも、早期発見は第一になるでしょう。セルフチェックができる乳がんは、定期的にチェックを行いしこりを見落とさないことが大事といえるでしょう。